アイティーアドネット

ユーティリティクラブを使ってますか?

今日はさらにクラブについて何回かに分けて、語ってみることにします。

ゴルフクラブは、大きく分けるとウッド、アイアン、パターの3種類になりますが、ほかにも
いくつかのクラブがあります。

golf04

まず挙げられるのが、ユーティリティクラブ。これは、昨今登場し、急速に普及している
クラブで、ハイブリッド・クラブとも呼ばれています。

アイアンとウッドの中間の形状をしており、ゆえに機能的にも中間的な感じです。

ユーティリティクラブは、大きく分けると2種類あり、形状がアイアンに近い
「ユーティリティアイアン」と形状がウッドに近い「ユーティリティウッド」。

いずれにせよ、アイアンよりもボールが高く上がるため、グリーンに落ちて止まりやすい
ボールが打て、またラフからでも打ちやすいという特徴があります。

飛ばすのも上げるのも、比較的簡単なクラブと言えるでしょう。

3番、4番アイアンなどが苦手な人向けで、初心者にも使いやすいクラブです。

非力な私もロングとか150ヤード以上残ったセカンドではこのユーティリティクラブに

頼ることがほとんどです。

アイアンの一種のウェッジという主にグリーン近くで正確に方向と距離を揃えたいときや、
バンカーなどトラブルショットで使用するクラブも有名ですね。

ウェッジには、100ヤード以内で使用する「PW(ピッチングウェッジ)」、
アプローチショットで使用する「AW(アプローチウェッジ)」、
バンカーから脱出する際に使用する「SW(サンドウェッジ)」があります。

ウェッジは近年、ノーメッキ仕上げやガンブルー処理のもの、ローバンスなど、たくさんの
商品が発売されていますから、好みに合わせて選ぶといいでしょう。

ゴルフクラブには、いろいろな種類がありますが、選ぶ際に大切なことは、自分の
スイングに合ったクラブを選ぶということです。

この自分に合ったクラブ、というのが初心者を戸惑わせるもとになっています。

初めはセットで買ったクラブでも打ちやすいクラブと、打ちにくいクラブができてきます。

その違いがわかった頃にショップ等で自分にしっくり来る重さやしなり具合を
感じて選ぶことが先ほどの自分に合ったクラブを見つけるコツでしょう。

ショップでも試し打ちのできるお店が多いので買う前に何回か試打をすることを
おすすめします。

やはりクラブは見た目も大事だけど打ってみないと自分に合ったクラブか
わからないですからね。

カテゴリー

[ PR ]