アイティーアドネット

ドライバーの一打もパターの一打も同じだけれど

ウッドクラブとは、距離を延ばすことを目的とするクラブです。

ウッドクラブは、もともとは、クラブのボールが当たる部分(ヘッド)が柿の木で作られて
いたため、このように呼ばれています。

現在は、カーボンやボロン、チタンなど、軽くて硬い金属や複合素材が使われています。

ドライバー画像

ウッドクラブというと1番から5番までがよく知られており、1番ドライバー、2番ブラッシー、
3番スプーン、4番バッフィー、5番クリークと呼ばれます。

1番ウッド以外を総称して、フェアウェイウッド(FW)とも呼びます。

コースの第1打に使用されるのが1番ウッド。打球面(ヘッド)に9.5度から12度の
傾斜(ロフト)が付けられていて、飛距離が出ることから利用されます。

ただし、初心者にはボールが上がりにくいという面があります。

1番ウッドの次に飛ばせるのが3番ウッド、そして4番ウッド、5番ウッドの順になります。

それぞれボールが上がりやすいよう、打球面(ヘッド)の部分の傾斜(ロフト)が、大きく
なっています。

2番ウッドは現在はあまり使われないクラブです。ほかに、非力な女性用として7番ウッド、
9番ウッドなども開発され、現在は男性用もあり、多用されるようになってきています。

ゴルフクラブは自分に合ったものを使用することが大事です。

ウッドクラブを選ぶ際、初心者は、やや重くヘッドが大きめで、打球面が薄いフェースの
ウッドを選ぶといいでしょう。

特にドライバーがまっすぐ、しかも曲がらなく打てるようになると初心者はゴルフの
楽しみがぐっと増えることになります。

私がゴルフに誘われることが苦痛だったのが、まっすぐ、芯に当たることができるように
なり、それからゴルフが待ち遠しくなったものでした。

この快感を求めドライバーを買い続ける人の心理も解る気もします。

一日も早くそのように打てること、また、そのようなクラブに巡り会えることで
ゴルフを楽しまれることを願っています。

カテゴリー

[ PR ]