アイティーアドネット

ゴルフボールについて

ゴルフボールには、非常に多くの種類があります。しかし、いずれの
ゴルフボールも、直径が42.67mm以上、重量45.93g以下と
決められています。

golf06

その表面には300~400個程度のディンプルと呼ばれるくぼみが
あり、これはボールが遠くに飛ぶように考案されたもの。

ディンプルが大きければボールをあげる力が弱く、浅ければ強いと
いう違いがあります。

一方、ゴルフボールの基本的な構造は、中心部(コア・芯)のみの
「ワンピース」、芯にカバーを被せた2重層の「ツーピース」、

芯にケースとカバーを被せた「スリーピース」、芯が2重層になり、
さらにケースとカバーを被せた「フォーピース」です。

ゴルフボールのほとんどが、これらいずれかのタイプになります。
近年は、スリーピースが主流でしょう。

さて、ゴルフボールの種類というと、大きく分けて、以下の2つに
分けられます。

・飛距離重視のディスタンス系
・スピン重視のコントロール系

これらは使われている素材により、性能が変わってきます。

例えば、ディスタンス系であっても、芯に高反発の硬い素材を使用し、
柔らかい素材をカバーにすれば、飛距離が出るだけでなく、優れた
スピン性能を発揮するなど。

一般に、芯が硬いとスピンがかかりやすくて、やわらかいとスピンが
かかりづらく、カバーが硬いとスピンがかかりにくくて、やわらかいと
スピンがかかりやすいという特徴があります。

どのボールを選ぶかは目的によりますが、遠くへ飛ばしたいという
場合はディスタンス系、望むところでボールをとめたい場合は
スピン系のボールを選ぶといいでしょう。

近年クラブやボールも性能が向上し飛距離が出やすくなったことで、
女性や比較的パワーのない男性ゴルファーが軟らかめの「スピン」
タイプを使用するとボールがあがりやすくなり、良い結果が
出ることがあると言われています。

なお、カバーが柔らかい素材のボールは傷がつきやすく寿命が
短いので、出費を抑えたい場合は、カバーが硬めのボールを選ぶ
ことをオススメします。

カテゴリー

[ PR ]