アイティーアドネット

届かなければ入らない!

さて、ラウンド中に一番使われるクラブは何でしょうか?

答えはパターですね。

Golfer Making Putt

パターとは、グリーンやグリーンまわりでボールを転がすために使用する
クラブのことです。

パターは、ウッドやアイアンに比べると、グリップの形状やサイズが、
バラエティーに富んでいるのが特徴です。

いずれにせよ、パターに求められるのは距離感と方向性、そして、スイング
したときのバランスやフィーリングなどです。

パターはヘッドの形状で大別すると、「ピンタイプ」「マレットタイプ(かまぼこ型)」
「L字型」「T字型(キャッシュインタイプ)」の4種類があります。

ピンタイプは、重量をトゥとヒールに分散することでスイートスポットが広がり、
安定感が得られます。

ヘッド近くのシャフトがグースネックなのが特徴です。

マレットタイプは、上からみるとかまぼこのような形状をしたパターで、ソールが
広く安定感があり、現在最も人気があります。

T字型は、最もベーシックかつ、古い形状のパターの一つで、ヘッドの中心付近に
シャフトがついており、スイートスポットを拾いやすいのが特徴でしょう。

L字型は、T字型同様、古い形状のパターの一つ。
シャープな打球感があり、スイートスポットが狭いので中級~上級者向けです。

ほかにマレットタイプの一種で、ラインの合わせやすさと慣性モーメントに優れて
いることでここ数年ブレイクしている「2ボール型(残存効果型)」や
重心深度が深い「トンカチ型」などもあります。

以上のパターの中で初心者にオススメなのは、ピンタイプとマレットタイプです。

カテゴリー

[ PR ]