アイティーアドネット

スポーツ以外でも大事な筋トレについて書いてみる。

筋肉は加齢や、長いこと使われていないことで衰えていきます。
内蔵を支える筋肉も衰えると様々な体の機能に悪影響を及ぼします。
普段の生活にはさほど支障が無いため衰えていることになかなか
気づかないようです。

でもゴルフとかランニングをたまにやってみると、筋力の衰えが
飛距離やスタミナが落ちていることに気付かされます。

running01

そこで筋トレについて考えてみたいと思い調べてみました。

まずは筋肉をつけるための予備知識としていろいろな筋肉の
名前から述べてみます。

筋肉といえば、部位ごとに名前がついていますが、部位だけでなく
働きでも名前が付けられています。

速筋と遅筋は、筋肉の部位名ではなく、筋肉の働きを示している言葉です。
一言で言ってしまえば、筋肉が縮む速度の速さによって名前が
分かれており、縮む速さが早いものが速筋。

そして、縮むのが遅いものを遅筋と呼びます。それだけではよく意味が
分かりかねると思いますので、もう少し詳しく説明しますね。

速筋は瞬間的に力を発揮する瞬発力に必要な筋肉で、瞬間的には力を
発揮できますが、長く持続することは出来ず、無酸素運動時に
使われる筋肉です。

普段の生活ではあまり活躍する場は無いですが、重いものを
持ち上げたり、ジャンプしたりするときに使われる筋肉になります。

鍛えることで大きくなりやすいのが、この速筋と呼ばれる筋肉です。

それに対して、遅筋は持久力を司っている筋肉です。大きな力を発揮する
わけではありませんが、ジョギングのような有酸素運動時に使われる
筋肉で、遅筋を鍛えることによって持久力が付きます。

速筋は白い色をしているので白筋、遅筋は赤い色をしているので赤筋とも
呼ばれています。

日常生活の中で使われている筋肉の殆どは遅筋ですから、一般的に
筋トレなどで鍛える筋肉といえば速筋を指しているのです。

カテゴリー

[ PR ]